活動報告

東伏見駅周辺のまちづくり

西武新宿線の井荻駅から東伏見駅の鉄道高架化事業が、地元が中心になって着々と準備を進めています。

また、南口には、国史下野谷遺跡という、都心から一番近いといわれる、縄文時代の遺跡が眠っています。

私も、鉄道立体化については、南北の交通渋滞の解消、一体となったまちづくりの観点からも、大いに期待するところで、質問等させて頂いています。

また、国史下野谷遺跡についても、見えない遺跡の見せ方、観光施策として、また地域経済活性化施策等としても、間違いなく外せないスポットであり、今注目が集まっているところです。

下野谷まつりについても以前参加したときにもアップさせていただいています。

そして、東伏見稲荷神社を取り囲むように、そして西武柳沢駅南口すぐ東側まで続く、東伏見公園(広域避難所)の今後の整備については、東京都としっかり連携を取って、市民意向にそった形でとり進めていただくように、東京都への働きかけてを行っていきたいと思います。