活動報告

都市鉱山からつくる、みんなのメダルプロジェクトについて (一般質問5.)

2020年東京大会時の入賞メダル製作として、入賞メダルの原材料となる金・銀・銅メダルを携帯電話をはじめとした小型電子機器から抽出されるリサイクル金属を活用することによって調達する、オリ・パラ史上世界初の試みであり、国民参画型のプロジェクトです。

メダリストに渡すメダルを製造するだけではなく、大会後にレガシーを残すことにもつながるプロジェクトと聞きます。

私は、いかにも東京らしい世界にむねをはれるプロジェクトと思っています。

もちろん、西東京市もこの事業に賛同し、環境フェスティバルへの参加、携帯電話のほかにも音楽プレイヤー等の形態電子機器類9品目を回収対象にして平成29年5月より、平成31年3月まで間、回収をしています。

このあたりでもう一段ギヤをあげ、成功に向けて西東京市としての積極的な推進の姿勢と、最終的にもしっかりとした結果を示して頂きたいと思います。

また、地元の田無工業高校の生徒から、都市鉱山をイメージした回収箱の贈呈式もあり、私も趣旨に賛同するひとりとして、生徒さん達への敬意も兼ねて式典に参加いたしました。

私の質問に対して、

現在の西東京市における回収状況は、携帯電話1,271台、その他電子機器類8品目が、408個。合計1,680個、約200キログラム。

東京都における回収状況は、平成30年3月末現在、約9,900キログラム。

西東京市としても、6月8日に改めて市のホームページでPRしていただきました。

http://www.city.nishitokyo.lg.jp/kurasi/gomi_recycle/study_etc/medalproject.html

回収場所と日時

  • 環境フェスティバル会場(毎年5月開催)
  • りさいくる市(4月から12月)日程はこちらから
  • 市民まつり会場(予定)
  • エコプラザ西東京2階 ごみ減量推進課窓口(午前8時30分から午後5時)
  • 田無庁舎2階 総合案内横 (操作不能にする穴開けは出来ません)
  • 保谷庁舎1階 総合案内前 (操作不能にする穴開けは出来ません)

※土曜日・日曜日の回収は、操作不能にする穴開けは出来ませんのでご理解とご了承をお願いいたします。

回収対象品目

  1. 携帯電話・PHS(スマートフォンを含む)
  2. 電子辞書
  3. ポータブルカーナビ
  4. デジタルカメラ
  5. ポータブルビデオカメラ
  6. 携帯音楽プレイヤー
  7. 携帯CD・MDプレイヤー
  8. 携帯ゲーム機
  9. ACアダプター等のコード類